やってはいけない悪習慣!おブスバストにならないために!

マシュマロのように柔らかく、ハリとボリュームのあるバストは女性の永遠の憧れです。

バストアップを望む女性は日々色んな努力をしていると思います。

しかし、女性達のせっかくの努力が無駄になってしまう悪い習慣が日々の生活の中に隠れています。

そして、その悪習慣を気づかずやってしまっている女性がたくさんいるのです。

今回は日頃見落としがちなバストにとって悪い習慣をご紹介したいと思います。

・長時間のスマートフォンの使用やデスクワーク

スマホを使っている人を見ると、猫背姿勢など姿勢が崩れている人が多いです。

猫背はバストが垂れる原因になります。スマホ使用中は目や首にもかなりの負担がかかっているので肩こりにもなりやすく、バストアップ効果がある肩甲骨周りをほぐす事や、バスト周辺の血行を良くする事の逆の習慣になってしまいます。

また、長時間のデスクワークも猫背や肩こりの原因になります。仕事上仕方ない場合も多いと思いますが、なるべく適度に身体を伸ばしたり、ほぐしたりしましょう。普段デスクワークをしてる分、プライベートではスマホの使用を控えるなどの努力が大切です。

長時間のスマホの使用はなるべく避け、使用中は正しい姿勢を意識する、スマホを使用した後は肩甲骨周りのストレッチをするなどの習慣をつけましょう。

・足組み、片足立ち、お姉さん座りなど身体の歪みに繋がる体勢

日々の生活の中で何気なくやってしまう、足組や片足立ちは骨盤や体全体を歪ませてしまいます。身体が歪むと新陳代謝の低下、むくみ、血行不良、ボディーラインのたるみ、老化、生理不順、便秘など様々な負のトラブルが引き起こされます。殆どがバストの成長を妨げる原因になるトラブルです。

・ブラキャミやノーブラで過ごす

バストを支えているクーパー靭帯は日常のちょっとした動作で伸びたり傷ついたりしてしまいます。なので家でのリラックスタイムや就寝時も胸を保護していないと必ずバストは垂れてしまいます。家に帰ってから日中着用しているブラジャーを外してバストを解放するのは血行を良くしたり、バストをほぐす為にも必要ですが、ほぐした後は必ずナイトブラやリラックスブラを着用することを習慣付けましょう。

・うつ伏せで寝る

うつ伏せ寝がバストに悪いと言うのは知ってる方も多いかもしれません。ですが、寝ている時の姿勢を改善するのはなかなか難しいです。せっかくのバストを潰さない為にも枕や寝具を見直して、寝ている時の姿勢の改善に努めましょう。ちなみに、バストにとって理想のポジションは仰向けになり手のひらを天井に向けた体勢です。

・カフェインの過剰摂取

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは過剰摂取してしまうと貧血や身体の冷え、睡眠障害、自律神経の乱れの原因に繋がります。睡眠不足はバストの成長に欠かせないホルモンの分泌にも影響しますし、自律神経が乱れ身体がストレスを感じるとバストアップに効果的な女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が制御されます。

カフェインの過剰摂取は女性にとって深刻な健康被害を起こしかねないので適切な量を守って摂取しましょう。1日2杯までが適量です。

・筋トレのやり過ぎ

バストアップを目指す女性の中には、大胸筋を鍛えている方もいると思います。しかし大胸筋の鍛えすぎは、女性らしい柔らかなバストでは無く硬く引き締まった胸を作ってしまいます。腕立て伏せやバストアップエクササイズのやり過ぎには注意して程よく鍛える事を心がけましょう。

いかがでしたか?

知らず知らずに習慣になっていた事もあったのではないでしょうか?

日常に潜む様々な悪い習慣を理解し普段の生活を見直して、ふっくらとしたハリのあるバストを手に入れましょう!