ナイトブラで眠りながらバストアップ!

美乳作りに欠かせないナイトブラのすすめ

皆さんは夜寝る時にナイトブラを着けていますか?

日中ブラジャーを着けて圧迫感を感じているんだから、家にいる時ぐらい開放感を味わいたい!

そういった理由で夜はノーブラで寝ているなんて女性も多いようです。

確かにブラ締め付けは毎日のことではあるけれど意外に窮屈なもの。

家に帰ってきてからブラを外したときの開放感って本当に気持ちがいいですよね。

しかし、いくら開放感が好きだからといって夜眠るときにナイトブラをつけないで寝ていると徐々に徐々に胸の形が崩れてしまうのです。

個人差はあれ、私たちは1日の3分の1近くを寝て過ごしています。

つまり人生の3分の1近くを睡眠に費やすのです。

この時間を有効に活用しない手はありませんよね。

逆に、この時間をおろそかにしてナイトブラを着けずにそのまま眠り続けてしまえば、そのうちに必ず胸の形が崩れるのはわかっています。

今回はナイトブラの重要性と正しい選び方をご紹介したいと思います。

寝ている間にバストが垂れる!?

一度伸びたら戻らないクーパー靭帯とバストの関係。  

私たちは眠っている間にうつぶせになったり横向きになったり仰向きになったり様々な体制になって眠っています。

20代女性の寝返り回数の平均は22回以上となっていて、私たちがいかに就寝中動いているかがわかります。

つまり日中と同じような負荷がバストにかかっているのです。

仰向けで眠ればバストは脇のほうに垂れ「離れ胸」になり、横向きで眠ればバストは左右のどちらか一方に垂れて「下垂胸」になり、うつ伏せで眠れば胸が潰れてバストのボリュームダウンに繋がります。なかなか恐ろしいことだと思いませんか?

またバストには、乳腺と脂肪を支えてくれているクーパー靭帯と言うものがあります。

このクーパー靭帯はゴムのようで、一度伸びてしまうと二度と元には戻りません。日ごろからかなりの負荷がかかっているクーパー靭帯は、日中はブラジャーによってその負荷が軽減されています。

そして私たちが寝ている間もクーパー靭帯は休まず私たちの胸を支えてくれています。しかし、何もつけずに眠ることで日中どんなにバストアップに勤しんでも、寝ている間の動きによって伸びてしまうのです。

このクーパー靭帯はバストの大きさに関わらず伸びてしまうので、「私は小さいから垂れることはないわね」なんて思っていたら5年後・10年ごに「あれっ!?」なんてことになってします。

日頃バストアップに励んでいる人なら尚更、就寝中のバストケアを疎かにした事でバストが垂れるなんて、とてももったいないことですよね。

間違ったナイトブラ選びは、かえってバストアップに逆効果!?

睡眠中はバストにとっても美のゴールデンタイムです。眠っている間の女性ホルモンの影響でバストは大きく育ちます。しかし、血行が良くなければバストは成長してくれません。

クーパー靭帯を守ってバストの垂れを防ぐ為にナイトブラを着けても、身体に合わなかったり、締め付けが強すぎたりすると形状維持にはなりますが、バストアップにはかえってマイナスになってしまいます。

ナイトブラはバストを保護しつつ、締め付けの少ない体にフィットしたものを選びましょう。

ナイトブラを選ぶ際は、できれば日中使うブラと同様にショップで自分に合ったナイトブラを選ぶのが1番です。

見落としがちな睡眠中のバストケア、日本人女性はナイトブラを着けている割合がとても低いのが現状です。

ですが、眠っている時こそバストに働きかける素晴らしいタイミング。

手を出しやすい安価なナイトブラもありますが、しっかりと性能を調べた上で自分に合ったナイトブラを購入することをお勧めします。

もし、ナイトブラをつける習慣がなかった方は、これを機会にぜひナイトブラを着けて、いくつになってもハリのある美しいバストを手に入れてください!