乳腺を育てて効果的にバストアップ!!

バストアップを語る上で、切っても切り離せないのが乳腺についてのお話です。

「バストアップ=乳腺を育てる事」と言っても過言ではないでしょう。

世の中にバストアップを願う女性はたくさんいますが、乳腺についての理解がある方は少ないように思います。

女性である限り、私達は一生バストに向き合っていかなければなりません。そんなバスト内の組織の一部である乳腺について理解を深める事はバストアップのみならず、女性ホルモンや、妊活、生理の周期などの知識を深めることにもつながります。

それは女性が自身の体を理解し美と健康を維持するために、とても重要なことです。

今回は、乳腺とバストアップの関係を紹介すると共に、女性ホルモンや、月経の周期についても掘り下げてお話ししていきたいと思います。

そもそも乳腺とは?

乳腺は母乳をつくり、赤ちゃんへの栄養や免疫機能を与える重要な組織です。

バストは肋骨や、大胸筋などからなる胸壁の上にあって、皮膚、脂肪組織、乳腺組織から成り立っています。

バスト内の乳腺の割合は

「乳腺10% : 脂肪組織90%」であり、赤ちゃんを育てるのに必要不可欠な乳腺を、脂肪組織が保護する為に覆っているのです。

つまり乳腺を増やし、大きくすれば、必然的に脂肪組織が増えてバストアップに繋がるのです。

乳腺とバストアップの関係

では、乳腺を増やしたり、大きくしたりするにはどうしたらよいのでしょうか?

乳腺に働きかけるためには、女性ホルモンの分泌が必要です。

女性ホルモンには2種類のホルモンがあり、

乳腺を増殖させる「エストロゲン」と、乳腺を発達させる「プロゲステロン」に分けられます。

エストロゲンは生理が終わった頃から分泌し始め、排卵直前に分泌量がピークを迎えます。排卵後から減少し続けて、生理前に減少のピークを迎えます。

エストロゲンが優位にある生理後から排卵直前を卵胞期と言います。

プロゲステロンは排卵後から増え続け、生理前の週に分泌量がピークに達します。そこから、妊娠しない限り、生理が始まる直前まで減少し続け、生理が始まるとほとんど分泌されなくなります。プロゲステロンが分泌されている時期を黄体期と言います。

エストロゲンは別名「美容ホルモン」と呼ばれ、言うなれば女性らしさを引き出すホルモンです。

プロゲステロンは妊娠する為のホルモンであり、妊娠の継続にも必要なホルモンです。

この2つのホルモンの分泌を上手く行なう事が、いわゆるホルモンバランスが整っていると言うことです。

逆に、ホルモンの分泌が偏ったり、排卵日前後のエストロゲンとプロゲステロンの交代が上手くいかないと女性の体に不調を来たしてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、皮脂の過剰分泌によってニキビができたり、月経前症候群(PMS)を引き起こすなど、女性にとって辛い症状に悩まされることになるのです。

女性ホルモンを整える方法

女性ホルモンは食品で体外から摂取したり、ヨガや入浴でリラックスする事によって分泌を促したりも出来ますが、1番効果的な方法は規則正しい生活を送る事です。

女性ホルモンはサプリなどで摂取することも可能です。しかし、エストロゲンを過剰に摂取した場合、乳がんのリスクが高まり、プロゲステロンを過剰に分泌すればニキビやむくみなどの症状が現れます。

なので過剰な摂取や分泌を避けるためにも、生活習慣の改善からホルモンバランスを整えることがお勧めです。

具体的には、睡眠時間を充分に取る、決まった時間に就寝する、バランスの良い食生活、ストレスを溜め込まないなど、今日からでも出来るようなお金のかからない習慣ばかりです。

日頃の生活習慣を見直して女性ホルモンをバランスよく分泌し、乳腺を増殖・発達させてバストアップを目指しましょう。