知らないと怖い!姿勢とバストの関係

スマートフォンの普及や、長時間のデスクワークなどで、着々と姿勢の悪い女性が増えてきています。

姿勢の悪さは身体の不調にもつながりますが、見た目からして美しいとは言えないですし、テレビや雑誌などで活躍するモデルさんの中に姿勢の悪い人は1人もいません。

今回は現代女性が改善すべき「姿勢」とバストについてお話したいと思います。

姿勢の悪さが引き起こす深刻な健康被害

いっけん姿勢とバストは直接関係していなさそうに見えますが、姿勢の悪さが引き起こす様々な身体の不調のほとんどがバストアップを妨げる原因になってしまいます!

姿勢の悪さが私達の身体に引き起こす悪影響を挙げてみました。

・血行不良

・代謝の低下

・免疫力の低下

・身体の歪み

・睡眠障害

・自律神経の乱れ

・ホルモンバランスの乱れ

・肩こりや腰痛

・慢性的な頭痛

このように様々な身体の不調が姿勢の悪さによって引き起こされます。

それでは、バストへの影響について詳しく説明していきます。

バストに関係のする健康被害について

血行不良

猫背が習慣化したり、同じ姿勢を長時間続けていると身体の筋肉が緊張したままになってしまいます。

特に背中の筋肉は頭や身体全体を支えるために絶えず動いているので常に緊張状態にあると言えます。緊張状態とは筋肉を動かさず緩めない事です。

この緊張状態が長時間続くと身体中に張り巡らされた血管を通る血液の循環が上手くいきません。

それは、筋肉の働きの一つに血液を身体中の器官に送るポンプの作用があり、筋肉が動くことで機能しているからです。しかし、長時間のデスクワークや慢性的な猫背で身体の筋肉が固まったままになっている人は、このポンプの機能が効果的に働きません。

猫背の人は、ただでさえ負担がかかる背中の筋肉に、より一層負荷を与えて緊張状態に拍車をかけてると言えます。

血行不良は胸を成長させる栄養素を届けにくくし、冷え性、慢性的な疲労を引き起こします。

・代謝の低下

姿勢の悪さから血行不良を引き起こすと代謝の低下にも繋がります。

脂肪燃焼や組織の再生や修復、組織の成長などを促す為の栄養素は血液によって運ばれてくるので、血液の循環が悪くなると必要な栄養素が行き渡らず代謝が低下してしまいます。代謝の低下は、老化や肌トラブル、脳の機能の低下、免疫力の低下などを引き起こします。バストに必要な栄養素も届かないので、いくらバストアップに良い食品やサプリを飲んでも意味が無いという状態です。

・睡眠障害

猫背や姿勢の悪さは身体を歪ませます。骨盤も例外ではなく、最近では骨盤矯正に通う女性も多いようです。骨盤は就寝時などのリラックス状態にある時は開き、起きている時の緊張状態にある時は閉まるというメカニズムがあります。骨盤の歪みはこの自然な動きを出来なくしてしまいます。そして、睡眠中に骨盤が開かなくなると睡眠の質の低下、さらには不眠症になどの睡眠障害を引き起こす事があるのです。

睡眠時はバストアップにとってもゴールデンタイムです。睡眠中に分泌される成長ホルモンがバストの成長を促す事も分かっています。また、この「成長ホルモン」はアンチエイジング効果もあるので、女性のトータルビューティーに質の高い睡眠は必要不可欠です。

・自律神経の乱れ

姿勢が悪いと、うつ病や自律神経失調症になりやすくなります。脳と脊髄は脳脊髄液という液体で包まれていて、この脳脊髄液が循環することで脳や神経に栄養を送り、毒素を体外に排出する事が出来るのです。姿勢の悪さは、この非常に重要な「脳脊髄液」を詰まりやすくしてしまいます。

脳脊髄液の循環が滞り、脳に栄養が不足すると脳の下垂体や松果体から分泌されるホルモンの分泌が乱されてしまうのです。

脳の下垂体から分泌されるホルモンには、成長ホルモン、性腺刺激ホルモンなどのバストアップや妊活、老化防止に深く関係するホルモンがあります。つまり姿勢を正し脳脊髄液の循環を良くする事は、健康維持と美容に深く関係しているのです。

いかがでしたか?

女性の健康と美容の為にも姿勢を正す事の重要性がお分かり頂けたでしょうか。

これを機に日頃の姿勢を見直し改善に努め健康で若々しい体を手に入れましょう!

そうすることで、バストアップに繋がり女性の美しさを引き出してくれます。