血行不良はバストの成長を妨げる!血の巡りとバストアップの関係

体を健康に保つために血行を良くする事はとても重要なことです。

私達の身体は、足の先から指の先まで至る所に血管が張り巡らされています。

血液は体の中の臓器や細胞が機能する為に必要な栄養素を運ぶ重要な役割を担っています。

血行が良いと体内に栄養がまんべんなく行き渡り、私達の身体をしっかりと機能させてくれるのです。

逆に、血行が悪いと様々な健康被害を引き起こしてしまいます。

・肩こりや腰痛

・疲労

・生理不順やPMS症候群

・肌荒れ

・免疫力の低下

この他にも血行不良からくる様々な症候がありますが書き出すと大変な事になってしまいます。

つまり、血行不良や血液の汚れは万病の元という訳です。

今回は血行不良とバストアップの関係についてご紹介したいと思います。

血行とバストの関係

バストが成長するためには乳腺や脂肪組織に働きかける栄養素が必要です。

その栄養素は血液によって運ばれてくるので、血行が悪いとバストに充分に栄養が届きません。

一昔前まではバストアップと言えば、大胸筋を鍛える事ばかりにスポットライトが当てられがちでしたが、最近ではマッサージなどでバストをほぐす事。つまりバスト周りの血行を良くする事がバストアップに繋がるという事がメジャーになってきました。

では、女性はどのような理由で血行不良になるのでしょうか?

・筋肉がもともと少ない

皆さんは自分の身体で、筋肉がついている箇所と、脂肪が多い箇所の温度を比べてみたことがありますか?

触ってみると、脂肪が多い箇所は、筋肉の付いている所よりも冷たいのがわかります。

筋肉は血液を送るポンプのような役割があるので、筋肉が元々少ない女性は男性に比べて血行不良になりやすいのです。冷え性が女性に多いのもこの理由からです。

・月経

女性は月に一度月経があります。血液を失う事で貧血になりやすく血行不良の原因になってしまいます。

・エストロゲン

月経の終わり頃から排卵直前までに多く分泌される女性ホルモン「エストロゲン」には血管を広げる作用があります。血管が広がる事で血液の流れがゆっくりになり、血流が滞りやすくなるのです。ホルモンバランスを崩し血管の拡張と収縮が上手くいかなければ血行不良の原因になります。

以上の事からも女性が血行不良を起こしやすいのが分かります。

血行を促進する方法

バストに上手く栄養素を届けてもらう為にも血行を促進する事は女性にとって重要です!

血行を促進するにはどのような方法があるのでしょうか?

・ヨガで内側から温まる

ヨガは比較的スローな動作が多いのですが行っていると徐々にジワーッと汗が出始めます。バストアップを目指す女性にはマラソンなど激しい運動よりも、ヨガのようなスローな運動でバストを守りながら代謝を上げる方が効果的です。ヨガで血行促進し、代謝アップ、デトックス効果、ホルモンバランスの調整などの効果を実感しましょう。

・正しい姿勢をキープする

最近は長時間のスマホの使用やデスクワークから猫背が習慣化している女性がとても多いです。悪い姿勢は肩こりや腰痛、身体の歪みの原因になり血行不良を引き起こします。正しい姿勢はバストの周りを強張らせないので血行が悪くなる事も有りません。

・マッサージ

バスト周辺のマッサージで効率良く血行を促進しましょう。ツボ押しやリンパドレナージュなども効果的です。また、日中着けているブラジャーは帰宅したらすぐに外してバストを解放してあげましょう。締め付けを無くす事でバスト周りの血行促進に繋がります。(その時にマッサージやストレッチを行うと血行促進に効果的です)ここで気をつけて欲しいのが、バストの解放の為といってノーブラで過ごしてしまう事です。バストは日頃のささいな動作で負荷を負うので家では、締め付けの少ないナイトブラやリラックスブラを着用しましょう。

血行不良はバストだけでなく女性の美と健康に悪い影響を与えます。血の巡りを良くしバストに充分に栄養を届け、バストの成長を促しましょう。